« デビュー記念日 | トップページ | 感謝❤️ »

35周年記念ライブ🎶

昨日の渋谷プレジャープレジャーにお越しくださった皆様、本当に本当にありがとうございました🙇‍♀️

元祖ポップビートのメンバーが全員揃ってのライブを再びやれるとは!!!!

Img_8044

Img_8046

ホール全員が一体となり、熱く、それでいてあたたかい空気に包まれた時間。続けてきて良かったなーーと心から感じたとても幸せなひとときでした。

来週からツアーもあります😊

また、会場で会おうね🎶

Img_8058

Img_8052

Img_8051

Img_8050

Img_8053

Img_8063

Img_8064

靖子ちゃん、美紀ちゃん、久宝ちゃん、動画コメントもありがとう

❤️


Img_8057

土曜日は、FM西東京。今回もたかさん、ありがとうございました🙇‍♀️

|

« デビュー記念日 | トップページ | 感謝❤️ »

コメント

昌己さん、昨日5月26日「井上昌己デビュー35周年記念コンサート!」~in渋谷プレジャープレジャーでのステージ お疲れ様でした。

そして今回のサポートメンバーの江口さん、松原さん、山下さん、白船さん、佐々木真里さん、綾さんもご苦労様でした。

記憶がほとんどない1995年1月8日にNHKホールでのあの時のメンバーが集結
「 Fair Way Live」を思い出させるステージ ありがとうございます。

昌己さん、今回も昨年以上に凄く素晴らしいステージは感動しましたよ。
また、新曲4曲を披露・・・
アンコール最後の「1989年の君へ」好な曲の1つになりました。
メンバー紹介では定番の「てんとう虫のサンバ」
しっかり目に焼き付け、想い出にしますね。


今後、このメンバーが集結してのライブがあるかわかりませんが、貴重な想い出に残る体験を頂きました。

昌己さん、事務局代表、スタッフの皆さん、渋谷プレジャープレジャーの方々、ご苦労様でした。


       

投稿: ヤマダ | 2024.05.27 17:54

昌己さんがとても美しい、歌が最高に上手い、というのは地球が丸いのと同じように当然として、昨日の昌己さんは超絶カッコ良かった、です!!!

満席の会場が、昌己さんの歌声のタクトでキリッと一体になって、魂のこもったひとつひとつの作品が胸にズドーーンと飛び込んできましたよ~

あー、この時間が終わって欲しくない、そう思わずにはいられない180分+αでしたー

レジェンドとともに最後まで凛としたお姿で歌いきった昌己さんとの時間は一生モノの思い出。

あらためまして35周年、おめでとうございます!

もちろん36年目も全力応援、です!

投稿: 昌己ファンin新潟 | 2024.05.27 18:27

ポップビート・レジェンド!なんて呼び方もあるようですが、やっぱり昭和チックな名前の元祖ポップビートが断然しっくりきます。私は昌己さんのライブに行くようになってまだ5年しか経っていない新参者ですが、それでも10回は渋谷プレジャープレジャーに昌己さんのライブを見に行っております。しかしこれほど盛り上がったライブは無かったのではないでしょうか?

昌己さんが1996年のアップサイドダウンツアーの新宿厚生年金会館で、「私はこの日のために生まれてきたんだと思う」という名言を残されましたが、今回のライブもそれに匹敵する興奮があったように思いました。ライブ終盤ボルテージが高まり、演者の白船さん、江口さんが見たこと無いくらい喜々として演奏されてるのが見えましたし、昌己さん自身もめちゃくちゃノっているのが分かりました。昌己さんがトーラス時代の雑誌記事に書かれていた「観客とステージ上の昌己さん、演者が互いのエネルギーをぶつけ合い、興奮が高まっていく」という感覚を初めて感じました。

メリー・ローランの島の手を振るシーンもほとんどの人がサイリュームを持って振っていたので、今まで見たことが無いくらい綺麗でしたし、意味のないことなんてないからも多くの人が今年の物販のタオルを持っていたので、赤いタオルで統一されており、ビジュアルが非常に美しかったことも特筆すべきライブだったと思います。

真里さんが25年ぶりとは思えないほどバンドに溶け込んでおり、ルックスも全然若くて本当に今回が最後の参加なのだとしたら、残念でなりません。山ちゃんの帽子もめちゃくちゃ似合っていて、かっこよくて2016年のビデオよりも若返っているように感じたくらいです。白船さんは若い頃と髪型は全然違うのですが、笑顔は昔のままで1年に1回くらしか見ませんが、たまに見ても全然違和感がないのが凄いと思いました。松原さんと江口さんはよく見るので割愛します(笑)。

今年は歌手として充実しているせいか、昌己さんもとても美しく生き生きとされているように見えます。今年の渋谷プレジャープレジャーは5年ぶりに満員となり、大きな声出しもできるようになりましたし、やっぱりこれがライブですよね!!秋のラゾーナでまた興奮のステージを期待しております。

投稿: 横浜のK | 2024.05.27 19:26

昨日はいいライブを見させていただきありがとうございました
色んな方々からのお祝いメッセージも凄く沢山あってビックリしました
自分にとっても良い思い出が出来ました
もう若くないんだから無理しないで下さいね
ありがとうございました

投稿: 打田 | 2024.05.27 21:17

あれは30年前、高校生だった自分の目に飛び込んで来たのは「恋が素敵な理由」のジャケット写真。当時好きだった子にそっくりでした。
イノウエマサミとは何者なんだ?から始まり、そこから通学中の電車の中や運転中の車の中で聴くようになりました。

九州の田舎で暮らしてた時はライブに行こうなんて考えすらなかったけど、東京で暮らすようになり、いつかライブに行きたいなと思ってたら昨日が遂に初めてのライブ参戦となりました。

ライブはいいですね!この良さを忘れないうちにまた足を運ぼうと思います。

35周年おめでとうござます。そして、35年歌い続けてくれた事にありがとうございます。

投稿: dragoncrime | 2024.05.27 21:37

おつかれさま。

40周年こそは、行くけぇね。おわり。

投稿: ペンペン2024 | 2024.05.27 21:51

35周年、素晴らしい空間にいることができて本当に幸せでした。最高の時間をありがとうございました。皆、1989年に戻っていましたね!本当に元気をたくさんもらいました。昌己さんはいつもいつもyellをくれます。(泣)
これからも同じ時間を共有して、同じ時代を生きていけることを楽しみにしています!
よろしくお願いしま~す!

投稿: higegunsou | 2024.05.27 22:02

🌟POP BEAT with SHOKO INOUE 🌟

楽しんだぁ~🌠

盛り上がったぁ~🌠

まるで学園祭、、?🌠

✴️キラキラ✴️キラキラ✴️
ありがとうございました🌠🌠🌟🌟🌟

投稿: TONSAN | 2024.05.27 22:13

 昌己さん、35周年コンサートお疲れさまでした。
そしておめでとうございます☆
今まで以上にたくさんの優しい歌声と素晴らしい演奏を聴くことができて幸せでした(^^♪
 ニューアルバム「インビテーション」も毎日楽しく聴いています。「いいんじゃない?」すごく
心に元気をいただいています😊
 本当に昌己さんのファンでいられて幸せです。これからも優しい歌声と素敵な曲をずっと届けてくださいね🎶


投稿: こうじ | 2024.05.27 22:15

井上昌己様〜~
そして、26日の35周年記念コンサートに
関わったすべての人達にお疲れ様でしたの
言葉を贈りたいと思います………🥂🥂
1日たった今もなお、感動でフヌケのような
状態から抜け出せず明日から仕事だと思うと
憂鬱で仕方ありませぬ………😢
この元祖ポップビートのメンバーの集結が
井上昌己40周年記念コンサートにて
見られるかどうかは神のみぞ知るということか
井上昌己が歌い続けている間に必ずもう一度
実現できる事を祈っております………
井上昌己様〜~
通過点かもしれませんが35年間歌い続けて
くれてありがとうございました!!!感謝しか
ありません。目指せ40周年…………💐💐

投稿: 讃岐の王子 | 2024.05.27 22:22

35年記念ライブの天王山が終わり今日は心地よい多少なりの疲れも感じたかも知れませんがまだこれから地方で楽しみにまってる人もいますから前に前に歩んで欲しいです!🥂35年記念に乾杯ですね!昌己さんが🍺🍸🍷🍾🍶飲める間は35年も通過点ですから(^o^)追伸昨日は野球取材していましたが野球に相撲にラグビー結果と記憶に残る結果が多かったので35年記念ライブの日はぼけない限り忘れないからですよ。

投稿: 鬼神7010 | 2024.05.27 22:51

燃え尽きたとか、そんなかっこいいものじゃないんだけど、コンサートタイムは、終始、これ以上ない興奮状態だったから、実は音は良く覚えてないんです...(^_^)
江口さんの音色だよなあ...。 山下さん(父)のタッチは、フィルやシンバルがバリバリのコウキくんとはやっぱ全然違うけど、これもありだよなあ...とかを何となく覚えてます(^_^)

でも確かに初期のPOP BEATのメンバーと、歌えるパーカッショニストの綾さんで3時間にも及び、誰からも有無を言わせる隙など与えないセットリストで、昌己さんの35年分の楽曲が演奏されたんだって事は、あの場所にいた全員が証人。

そして、昌己さんの渾身の作品であるインビテーションの楽曲が、その大御所たちの演奏によって、これ以上ない会場一体感を生んだ時間ともなりましたね。

それに何といっても、この日を待ちかねたような昌己さんのボーカルパフォーマンス。
スランプと表現され、悩まれた時期を経て、幾度となくモディファイを繰り返してきたことは、自分も目撃者の一人です。
自分が見えていた、聞こえていたのは、今顧みても、実はそこだけだったように思います。

そんな2024年Verの"井上昌己"のパフォーマンスは、アップテンポ曲でさえ、感動の涙でボロボロにさせられるほど、完成度が高かったです。低音~高音までワイドに太く響いていました。

自分も「いいんじゃない?」を叫び、合いの手も全力で返しましたよ。「1989年の君へ」で半テンパートの手拍子を合わせるのが、作曲者・演奏者へのいリスペクトだと思って、しっかりやりましたよ。
気持ちだけも昌己さんに届いていたら嬉しいです。

昌己さんが36年目のスタートして、手応えを感じてくれていたなら、今回のコンサートは大成功です!
かなり長文過ぎてしまいましたので、この辺で。また来週でございます(^_^)
この度は誠にお疲れ様でした m(_ _)m

投稿: S1 | 2024.05.28 00:31

改めてデビュー35周年、おめでとう御座います。写真は、とっても💞可愛いです🥰

投稿: きよし | 2024.05.28 05:14

昌己さん、デビュー35周年記念コンサートお疲れ様でした。
行けなかったのが残念でした。
35年も歌い続けることには大変なことですね。尊敬してます。

これからもずっと私の生きてる間歌い続けてください、笑

投稿: やんちゃん614 | 2024.05.28 07:40

キラキラに頼らない(笑)
白のパンツスーツ的な衣装に潔さを感じる登場でありました。
体力的にはキツイかもしれませんが、2daysだってよかったかもしれませんね。
会場で昌己さんと一緒に見たお祝いメッセージ、
昌己さんはどんな表情だったのでしょう。
支え支えられての35年、
ファンのみなさんも含めて家族のようなんて言ったら大袈裟かしら(笑)

投稿: とりで | 2024.05.28 19:01

思い返して見れば、1989年は天皇崩御による、自粛ムード、歌番組、TVCMソングの衰退、しかしながら、優秀なアーチストが数多く輩出された大変な時期と認識しています。そんな厳しい時代にデビューされ、凍結期間も無しに、35周年を迎える昌己さんを尊敬しております。詩のみならず、曲までも書いてしまい、体調が悪くても、悲しい事があっても笑顔で舞台をこなし続けた。しかも、容姿端麗でゴシップも無い。素晴らしい姿勢です。厳しい競争社会の中で、事務所を転々とし、大人気無い人達に傷つけられ、便所で泣いた事も数知れないと思います。でも、私にとって、昌己さんはオンリーシャイニングスターです。いつも、不愛想でゴメンネ❣

投稿: ブラックアイズ | 2024.05.29 19:01

ライブ会場で購入したパンフレットを毎日のように拝見せずにいられません (今のところ...😅)
1999年頃から現事務所体制になる2006年頃までの真実をやっと知ることができました
女社長さん体制の時代も含めて僕が参加したライブや見聞きしたメディアなどでは昌己さんから直接語られることはなかったと思います
新宿線沿線の某ライブハウスで昌己さんと再会してから 古巣レーベルからの新譜リリースと先日のような圧巻のライブステージに立つ昌己さんをずーーっと待っていました
あのマウントレイニアホールのステージがとても狭く感じられました
本当にExcellent Liveでした✨❗
でもまだまだいる昌己さんのことを忘れている昔のファンにも今の昌己さんを見せてあげたいです
40周年もそれ以降も目指してずっと歌い続けて下さい❗
あらためましてデビュー35周年を心からお祝い申し上げます🎊💐💎本当におめでとうございます🙇

投稿: 昌己一途 | 2024.05.29 21:51

35周年ライブ、お疲れさまでした!
昌己ちゃん、カッコよかった٩( 'ω' )و
楽しい時間をありがとうございました。

そうそう、松原さんはギターを弾かれてたと聞いて、 YouTubeをみてモヤモヤしてたことが、解決しました。

投稿: ゆぅ | 2024.06.01 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デビュー記念日 | トップページ | 感謝❤️ »