« ラジオ収録 報告 | トップページ

3月マンスリー♪

小編成でのスタイルで全国を廻ろう!
とFACE TO FACEツアーを初めてから11年目。
こういう時期ということもあって、始めた時と
同じ江口さんと2人の編成。

私自身も自粛疲れのようなものがあったので、
心がほどけ、ほぐれるひとときでした。
323b

323d


323c
ありがとうございます。
323a

安心して過ごせる日が1日でも早く
訪れますように。

女子会は、また改めてねっ。

皆様のご無事、ご健康を心より
祈念いたしております。

|

« ラジオ収録 報告 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした
前職場で良くしてくれた方との別れ、そして色々な思いから気分がすっきりしてなかったので最初ライブに行くのもどうしようかと思っていたんですが昌己さんの心地良い歌声、そして江口さんとの爆笑トークを聞いて居たら久しぶりに息抜きが出来たので行って良かったです

今日から新しい職場でのスタートが始まったんですが無事に研修1日目も終わりそうでホッとしています

昌己さんも色々と大変だと思いますが代表に遠慮しないで悔いが残らないようにして下さいね

投稿: 打田 | 2020.03.23 17:47

昌己さん、こんばんわ!!
昨日も素敵なアコースティックライブをありがとうございました!!
2列目に2か月連続で座りましたが、少し窮屈でお尻が痛くなって落ち着いて見られないところがあり、次回からは3列目にしたいと思います。本当は1列目がいいのですが、受付開始と同時にどんなに高速で入力しても1列目は座れそうにありません。

一番最初に大好きな「恋が素敵な理由」。しかもV1バージョンは初めて聞きました。CDではもっと鼻にかかった甘えるような歌声のはず。CDとは違いましたが、甘い歌声でありがとうございました!!

コロナでライブハウスはどこも相当苦境に陥っているようです。会社からライブハウス参加の規制がかかってライブにこれなかった昌己ファンも相当いるはずですので、騒動が落ち着けば昌己さんのライブはまた必ずソールドアウトしますから、私はまったく心配しておりません。

これからも最低月1回は昌己さんのライブに行きます!新型肺炎が早く収束して経済も早く通常の状態に戻って欲しいですよね!

投稿: 横浜のK | 2020.03.23 20:12

昌己さん、江口さん、22日の音楽室DXでのマンスリーライブ お疲れ様でした。

今回は二人だけの編成でのライブでしたが、江口さんのギター1本での時は昌己さんの透き通る歌声がとても心地良く感じました。

二人だけのライブでしたが、昌己さん、江口さん、事務局の皆様、ありがとうございました。


投稿: ヤマダ | 2020.03.24 11:21

開催する勇気と開催しない勇気と落ち着くまで全てのイベント開催は悩む日々が続きますが月並みな言葉になりますが、昌己さんのほうも何卒体調にきをつけて欲しいとせつに願っております。

投稿: 鬼神7010 | 2020.03.24 16:17

 昌己さん、江口さん、マンスリーライブお疲れ様でした。
昌己さんの優しい歌声と、江口さんのすばらしい演奏に心癒され、たくさん元気をいただきました。
ありがとうございました。 
 
本当に1日も早く、安心できる日が来てほしいですね。昌己さんも、お体を大切に、ご自愛下さいね。
 
 これからも応援しています。

 

 

投稿: こうじ | 2020.03.24 21:32

最も避けたいのは、自分が高齢の親に感染させてしまうことだと思っているので、先に墓参りを済ませてからのライブ開催であったことは、リスクが低くなったわけで、少し安心して参加することができました。
それにしても、「終わりの予感」と「向日葵」のセットは私にとって強力過ぎます。 涙がこぼれても隠してくれるマスクが、この時だけはありがたく感じました(笑)
歌詞がところどころとんだのは、やはり今の世の中の不安が、昌己さんの心にも影響しているからなのだと思います。 でも、昌己さんと江口さん、そして代表殿の三人がいれば、最小だけど最強の音楽活動ができることも、改めて実感できたライブでもありました。
お見送りの時、つい握手の手を出しそうになってしまうのは長年の習慣だからでしょうかね。
アルバイトは、期間限定のユーチューバーなんかいかがでしょう(笑)

投稿: とりで | 2020.03.24 21:53

大変な時期での開催を本当にありがとうございました。

2010年当時、自分は出戻り前だったので聴けてませんでしたが、今回はその"FACE TO FACE"ツアーのリバイバル的なセットリストで、雰囲気を感じ取ることが出来たと思います。

今回、自分視点のクライマックスは、やはり「桜の頃」だったです。念願の新曲の中でも一番のお目当てをフルコーラスで聴けて、自分にとっては最高の一時となりました。
昨年の初披露の時も感じたことですが、歌い出しから わずか10秒で琴線への高い刺激性ったら、ものすごいです!
CD発売の待ち遠しさが更に強くなってしまいましたし、ライブでは色んな編成で色んな雰囲気に化ける曲のような気もしています。
(綾さんがどんなふうに入ってくるのかなあ? 元々コーラスパートがないのか?)

極小編成での「愛の歌を口ずさもう」も良かったです。二人編成でも十分いける事が証明されましたね!

(素人が勝手に思っていますが...^_^;) 2020年版ボイスメソッドも回を重ねるごとにどんどん良くなっていると思います。
だけど、過去に正解を見いだすのではなく、これからはどうしたらベストに歌えるのかを意識したもののように感じます。
そこのところは、去年以上に注目でしょうか。

さて、世界的に大変な時期を迎えているわけですが、どうか心身ともご自愛して下さいませ。
4月はワンマンライブが出来るのか心配しておりますが、たとえライブ活動がなくとも、色々情報発信して頂けるとファンとしては嬉しい限りでございます(^_^)

投稿: としかず | 2020.03.28 04:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオ収録 報告 | トップページ