« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

ご報告

ホームページの方でお知らせ致しましたが、
残念ながら大阪、京都のLIVE,中止、延期と
させていただくことになりました。

毎日報道されている情報を不安な気持ち
で受け止め、最善を尽くすことしか
出来ないなかでの決断です。
命に係わる問題ですものね。

また、心からの笑顔でお会い出来る日を
願うばかりです。

何とか元気にやってますので、皆様も
出来るだけの留意をしてどうぞお過ごし
ください。

331a_20200331095701
プレシャスモーメントの収録
初対面の東野純直さん。
今回も皆様からのメッセージのお陰で
スムーズに楽しいお話が出来ました!
ありがとうございます。
二足の草鞋で活動を続けてらっしゃる
東野さん。頭が下がります。
絶対ラーメン、食べに行きますね!!!!

331b_20200331095701

早くみんなと会いたいよぉ(>_<)

| | コメント (14)

3月マンスリー♪

小編成でのスタイルで全国を廻ろう!
とFACE TO FACEツアーを初めてから11年目。
こういう時期ということもあって、始めた時と
同じ江口さんと2人の編成。

私自身も自粛疲れのようなものがあったので、
心がほどけ、ほぐれるひとときでした。
323b

323d


323c
ありがとうございます。
323a

安心して過ごせる日が1日でも早く
訪れますように。

女子会は、また改めてねっ。

皆様のご無事、ご健康を心より
祈念いたしております。

| | コメント (7)

ラジオ収録 報告

遅くなりましたが、ラジオへのメッセージ
どうもありがとうございました。

皆様からの素晴らしいメッセージのお陰で
久宝ちゃんとの会話も弾み、話も広がり、
有意義な時間でした。

明日も2週目の放送です。
321b_20200321091501
久宝さんの30周年LIVEにも
ゲストで出演させていただきますよ。
新しい作品、早く聴きたいな。

321a_20200321091501

生放送に出演されてた沢田知可子さんと
ばったり!!!!
いつお会いしても明るくて、こちらも元気と
笑顔をいただけます。



さあ、そして明日・・・・
何が正解なのか・・・なかなか考えても答えは
出ません。
代表とも考慮を重ね、至ったものです。
それでは。。。<(_ _)>

| | コメント (9)

震災から9年の3・11

あれから9年。
盛岡からタクシーを乗り継いで帰って
来た長い長い1日のことは決して
忘れることはないでしょう。

色々な報道番組等を見ていると、
原発も含め、本当の意味での復興って
いうのはまだまだなんだな。
現実を知り受け止めて、被災地への思いを、
意志を風化させてはいけないんだな、と
改めて考えさせられます。

生きてゆくって、本当に色んなものを
背負っていかなくちゃいけないんですね。

誰しもそうで、限られた命。
これからどう生きるか、何をするか、
思いつめ過ぎずに( ;∀;)考えてみたい
ものです。

311c
さて、8日は松ヶ下さんが声を掛けて集まった
メンバーでの生配信LIVE。
意図してやろうとしたならば、
なかなか一緒にならないんじゃ
ないかなという組み合わせのLIVEで、
刺激的で楽しかったです。

311b
吉田栄作さんも音楽活動30周年!!!
男くさーい直球な歌がすごく良かったなぁ。
同世代だし、共感するものがありました。

311a

チェンバーオーケストラでのLIVEも
何年もやってくれてます。
オーボエの和光ちゃん
フルートのこのみちゃん



そして今日これからはプレシャスモーメント
のラジオ収録。

ゲストは今年30周年の久宝留理子さんです!!!!

どんな感じになるでしょうか。楽しみです。

| | コメント (6)

配信ライブ

松ケ下さんが中心となって集まったメンバーでの配信ライブ!

メンバーも大人数で豪華!

チェンバーオーケストラでの顔見知りも多く心強い限りです^_^

昨日の配信は家で観てました。

良かったら是非!ご視聴くださいませ。

C3982b5326d24a02b3fb0a1d2c77f1d1

ただ今リハ中



| | コメント (5)

広島・愛媛LIVE

土、日のLIVEにお越しくださった皆様、
心より感謝申し上げます。
32a

コキリカ家のお二人とは初めての
ツアー。ヴァイオリンとピアノで
私の楽曲たちを優雅に、厳かに、軽やかに
彩ってくれました。
32d_20200302104201 
今回のバンマスは大和田くん。
32c
里枝ちゃん、美花ちゃんも参加してくれて
ありがとう
32b

来てくださったその気持ちに胸が熱く
なってしまいました。
32e

どうもありがとうございました。


事態の収束が1日も早く訪れますよう、
どう乗り切って行くのか、願い考える
ばかりです。

では・・・また。









| | コメント (9)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »