« 明日のPop Beat V3!!! | トップページ | 愛媛へ・・・ »

横浜 Paradise Cafe

昨日のPop Beat V3 とのLIVEに
お越しくださった皆様・・・
心より感謝致します。

ダブリンでのレコーディング、LIVE
を思い出しながら・・・と言っても
皆、記憶が曖昧で(笑)断片的な
出来事を手繰り寄せながらの追想
でしたけれど・・・
あれから19年後のパフォーマンス。
こんな日がまた来るとは・・・
それを同じ場所で一緒に楽しんで
聴いてくださってる皆さんがいる・・・
続けて来たご褒美のひとつですね。

私も楽しいんだけど、でも何度か胸が
熱くなる場面があって・・・・
また自分にとっての原点というものを
見つめることの出来たLIVEでした。

これからの道のりも、上がったり
下がったり、行ったり来たりの
Up Side Down な人生が続くと思い
ますが、失意と再生を繰り返しながら
音楽を楽しんで行きたいです!

どうもありがとうございました。
Dvc00415
本番前のリハ風景
Dvc00416
一瞬たりとも気の抜けない編成
素晴らしい、かっこいい演奏を
ありがとうございました。
緊張感の分、快感が増すんですよねwink

|

« 明日のPop Beat V3!!! | トップページ | 愛媛へ・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昌己さん、江口さん、山下さん、白船さん、昨日の横浜 Paradise CafeでのPop Beat V3ライブ お疲れ様でした。

アルバム「Up Side Down」のダブリンでのレコーディグ4曲。
「好きでいてそばにいて」「忘れてあげない」「 純心」「 Know One Knows」と「恋はリバティー」
「Up Side Down」のアルバムを思い出しながら聴いていました。
19年の月日が過ぎていますが、変わっていませんね。
流石、Pop Beat &井上昌己。
また、「V3」の由来も分かり、そうだったんですね。

今回の参加したライブは特別な1日となり、素敵な思い出になりました。
次回は26日の音楽室DX。
その前に昌己さんは松山での「国歌独唱」ですね。
ライブとは違うスタジアムでのステージ 頑張って下さい。

昌己さん、Pop Beat V3の皆さん、事務局様 横浜 Paradise Cafeでのライブ 本当にご苦労様でした。


投稿: ヤマダ | 2015.04.13 14:14

楽しかった!
凄かった!
カッコよかった!

若かりし19年前と、円熟味を増した19年後の演奏が残してくれた感動は変わらなかった。

同じ時代を過ごせたことに感謝するとともに、最高のパフォーマンスを魅せてくれた『井上昌己 with PopBeat V3』と、代表&スタッフのみなさん、ありがとう!

投稿: とのちゃん | 2015.04.13 14:38

昨日のライブ行きたかったです
今まで昌己さんが出して来たアルバムで「Up Side Down」は自分の中でベスト5に入るぐらい良く聴いていたので行けなかったのが凄い残念です
関西方面でも是非やって下さい
宜しくお願いします

あっ昨日地元の電車で野田さんとニアミスしました 笑

おわり

投稿: 打田 | 2015.04.13 14:41

昨日のライブは何度も行った中でも特別なライブに
なりました!
本当に何よりオジサン…(笑)
イヤイヤお兄さん…V3の音楽を心から
楽しんでる様子が伝わってきましたし
めちゃめちゃカッコ良かったですnotes
そして、そのV3真ん中で歌う昌己ちゃんはその三人に
負けずに透き通る声で感動でしたshine

19年前の自分に今の自分は誇れるか?
昌己ちゃんのMCを聞いて思いました。
きっと昌己ちゃんは、そしてV3のみなさんも
確実に誇れますね
スゴイって思いました。
私は19年前の自分に想像していた自分と
違いすぎて謝りたいくらいsweat01
でも、私は昌己ちゃんに会うたびに力を
もらえます!
失意と再生を繰り返しながら音楽を楽しむ。
私は何を楽しむかを見つけることから
はじめないとっcoldsweats01

投稿: rumi | 2015.04.13 19:20

『忘れてあげない』をうたってる昌己さんをみて
実は胸がいっぱいになったsaki@ヤンキー所長です。


あのとき、新たに書き加えられた歌詞の意味が
今になって理解できた気がします。

19年の歳月。 無駄なことなんてひとつもない!
ココロの傷も傷みも!


最高の一夜でした☆

ありがとう♪


感謝!!


投稿: saki@ヤンキー所長 | 2015.04.13 19:43

ギターがメインのバンドとしては、最もシンプルな編成なのでしょうか。
ギターもベースもドラムも、そしてボーカルが、力強く心に響きました。
陳腐な言い方かもしれないけれど、一流というか本物というか、プロフェッショナルな音楽を体現してくれたという一面もあったように思います。
でも、19年前には、今のシブさはきっと無かったのでしょうね。
19年の月日の重みが加わったライブであったに違いありません。
昨夜のライブが、新たな伝説とならんことを・・・。

投稿: とりで | 2015.04.13 19:53

昌己さん、横浜ライヴは盛況の内に終わったようですね。行きたかったです。今回19年ぶりだとか。つまり昌己さんが37歳の時以来ということですね。最近の昌己さんのライヴDVDを見ていると歌声が円熟味を増したというか表現力が向上したように思います。二十歳代の頃の透き通るような高音はもう出ていませんが。これからも昌己さんのことを応援し続けます。

投稿: ひでき | 2015.04.13 21:26

19年前に何をしてたかなんて正直覚えてませんが、長い空白期間を経たV3のライブに立ち会えたのは幸運でした。
右か左か、表か裏か、損か得か、色々と考えさせられることはあるけれど、昨日の様なことがあるから人生は面白いと感じてます。
何より、昌己さん達が奏でる音楽が僕たちの原点なんだと改めて認識した、そんな一夜になりました。

投稿: つゆだく | 2015.04.13 21:30

コメントを一部修正します。19年前は昌己さんは37歳ではなく27歳です。失礼しました。昌己さん、ごめんなさい。

投稿: ひでき | 2015.04.13 22:17

あの時のあの場所へ…
昌己さんとV3の皆様に連れて行って頂きました!!
心からお礼を言いたい、素晴らしいひと時を、ありがとう…と!!
昨日のライブで感じたこと…
音っていうのは生きてるっていうこと。
同じ楽器でも演者によってこんなに生き生きとした音が生まれること。
生き生きした音が重なるとすごいことになるってこと!(笑)
だからやっぱり音…ん〜音楽ってとても楽しくて聴く人を幸せな気分にしてくれる…

「今日はほんとに楽しいね!」って白船さんが言ってました。
山下さんも楽しそうに圧巻のリズムを刻んでくれました。
江口さんのロック魂も見せて頂きました。
昌己さんの想いも感じることが出来ました。confident
音楽を心から楽しんでわたくし達に届けてくれた…
そんな皆様の音楽が楽しくないはずがありません!

昌己さんもV3の皆様も、ついでに(笑)このライブを企画した代表も…とても素敵でカッコイイ!!
素晴らしい夜をありがとう!!

それでは!!wink

投稿: ゆうじさん | 2015.04.13 22:46

カッコイイことのこの上ないアレンジと演奏、一発録りならではの昌己さんのリアルな声の響きと息づかい。初めてCDで聴いたときからずっと生で聴いてみたかったBaggot Ver。やっと聴けました!
昨晩、ボクらは間違いなくあの日のBaggotにいました。
96年から始まったメビウスの輪が19年の時を超えてつながった瞬間でした。
お見送りの時にもいいましたが、「Up Side Down」を聴くだびに思い出すと思います。
ありがとうございました!

投稿: yasuhiro | 2015.04.13 23:02

昨日はおつかれさまでした。

4人の歌と演奏 ブラヴォー !!

いつもはロクでもないトークの多い江口さん、恰好よかったですよ。

やっぱり、好きでいて そばにいて
ブラヴォー !!

其の曲が何で当時 かつ 今でもスタジオレコーディングされないのか私にとって此の世のロク不思議の一つです・・・

またの機会のV3 未公開曲沢山聴きたいです。

投稿: shokofan-1963(ろくさん) | 2015.04.13 23:25

低音から高音まで 相変わらず いえ 更に艶やかなお声でいらっしゃいました。
オリジナルのBaggotINNのストレートなボーカルとは違い、キーはそのままに声の厚みや表現力は一段上を行っていたと個人的には感じました。
本当に言葉に出来ないくらい”すばらしい”!!

BaggotINN Verの全曲ともすばらしかったですが、もはやロックとも思える「Know One Knows」や「好きでいて そばにいて」には、陶酔しきってしまいました。

そして、バンドでのバージョンを再度聞けるかわからない「哀しいひと」では泣きそうになりました。
この歌は、オリジナルはエレキ全開のメジャーシングルなのに、ここ最近は、アコースティックでしか聞けないと諦めていました。
最高でした。ありがとうございました。

最後に、「忘れてあげない」は、BaggotINN Verの歌詞+Face to Face Verで、Complete MixとしてCDリリースされれば、もう思い残すことはありません。
(Complete Verは、ライブでしか聞くことができないから)

投稿: | 2015.04.14 00:40

↑(2015.04.14 00:40の投稿で訂正)
ウトウトしながら書いていたら、変な言葉遣いをしていました。
(誤)もう思い残すことはありません。
(正)もう申し上げることはありません。
紛らわしい書き方をしてしまい、すみませんでした。

そして、名前も書き忘れてる...。

投稿: としかず | 2015.04.14 01:55

昨日はお疲れ様でした。
1部のV3+ピアノ、2部のV3オンリー共に楽しませていただきました。1部ではfairway liveでのversionが好きでリクエストした月と
クォーター。恋がーもイントロスローなしで疾走感に溢れ非常に良かったですね。
2部は圧巻のDublin再現live+α!これはdublin cdを越えた生での演奏、ボーカルを聴かせていただきました。

本liveの企画をしていただいた代表、素晴らしいボーカルを聴かせてくれた昌己さん、19年以上昌己さんをサポートし、熟練の演奏を聴かせてくれたV3の方々に感謝致します。


投稿: なか | 2015.04.14 02:03

昌己さん、4月12日に横浜パラダイスカフェで開催された、「POP BEAT V3 ライブ」、お疲れ様でした。
  
約19年前の1996年の2月に当時26歳の昌己さんが、アイルランドのダブリンにあるライブハウス 「Baggot INN」 でレコーディングした、『バゴットインバージョンの5曲』を、デビュー26年目の今年になって初めてライブで聴けたのは、「えにし」というか「奇跡」というか、とても感慨深いものがありますね。
  
ギター・ベース・ドラムの編成と昌己さんの歌声で再現された、バゴットインバージョンの曲は、いかにもPOP BEATのサウンドというか、ロックっぽいアレンジでとてもカッコイイですね。
 
僕の頭のなかで、「バゴット・イン・バージョンの忘れてあげない」 がずっと繰り返されて困ってしまうくらいです(笑)。
   
V3の編成では、バゴットインバージョンの5曲に加えて、他にも4曲を歌ってくれましたが、久しぶりに聴けたアップテンポの 「Fair Way」 がとっても格好良くて良かったですね。 notes
 
また、前半の第一部では、「V3の編成 プラス 昌己さんの弾き語り」 でしたが、「僕たちの片想い」 や 「哀しいひと」 をバンド編成で聴けたのも迫力があって嬉しかったです。 happy01
  
5月24日のデビュー記念コンサートでは、リクエストの上位25曲を歌ってくれるみたいですが、果たしてこれらの曲はランキング入りしているのかな? いないのかな?
 
まぁ、結果は、5月24日のコンサートで発表されるまでのお楽しみですね。
  
  
さて、昌己さんは、アルバム 「Up Side Down」 cd のライナーノーツをあまり積極的に読み直さないようにしていたということでしたが、確かにとても重たいテーマなので、なんとなくわかるような気がします。
  
でも、どんなに苦しい状況であっても、昌己さんが曲をつくり、歌を唄って、いろんな人に聴いてもらうことを続けてきたからこそ、いまがあると思うし、そのことが原点なのかな、とも思っています。
 
そういえば、第二部のV3の編成のパートは、もしかするとDVDで販売されるかもしれないということなので、すごく期待してますね。
 
それでは、最近の気温も上がったり下がったりしていますが、体調などに気を付けて頑張ってくださいね。
  

投稿: ムーンストーン | 2015.04.14 09:43

先日は楽しいライブありがとうございました!

初めてライブに参加させて頂いて昌己さんの声に魅了され癒された一日でした(^o^)
私もあんな風にカラオケで練習して歌ってみたいですw

これからもまた参加させて頂きますので楽しみにしています。
お体に気を付けて頑張って下さい。

投稿: ハル | 2015.04.14 14:19

昌己ちゃん、日曜日のライブお疲れ様でした。

ライブ会場に向かう途中、久々に「UpSideDown」
のライナーノーツを読みました。
迷いや不安を感じながら一旦、立ち止まって
原点を見つめ直す葛藤が垣間見れました。
音にこだわり前を歩いたからこそ日曜日の
ライブが実現したんだね。
愛情を感じる文書を噛み締めながらV3
ライブを聞いているとシンプルな編成でも
歌声を活かす確かな演奏があれば十分に聞き手
に伝える事を再確認しました。

その中でも特に今回、好きでいて そばにいては、
感情が伝わり最高な内容でした。

又、ライブに参加する事で当時の製作秘話が
聞けた時は、新たな発見として楽しみになって
ます。
今回も色々と話が聞けて参加できて本当に良かった
です〜!


投稿: 待っち | 2015.04.14 19:48

先程の投稿で名前を間違えてました。

投稿: まっち | 2015.04.14 19:52

19年振りの、井上昌己さんにとっても、バンドメンバーさんに
とっても、とても充実した、ご満足いただけたライブ演奏だった
ようですネ♪

当時の写真・ジャケット等見れるかな?

うん、そうですネ。
今の時に井上昌己さんにとっての過去の再現は、ライブに参加
出来なくても、ファンとして、とても嬉しく思います。

何よりも、想い出だけに終わらせたくない井上昌己さん、バン
ドメンバーの思いが素晴らしいと思います。

あの頃はみたいな記憶だけで時だけが過ぎてしまうことなく、
今を大切にしながら、また新しい発見のある、そんな光景が
何よりも美しいと思います。

今年も昨年同様に、ライブには中々参加出来ないですが、心
の中で応援し続けていきたいです・・・。
参加出来ないのは、自分の中の様々な辛さが身に染みている
からでもありますが、この頃、年金世代になったら、もう
人生お終いだなぁと、今から現実が見えてきたのが・・・。

投稿: mirie | 2015.04.15 02:36

私は、ずっとずっとず~っとこのLIVEが見たかった。だって「UP SIDE DOWN」はCDの溝が擦り切れるほどに聴き込んでますから。お見送りしてくれた昌己さんに一番で伝えようとするも、この夜の感動を形容する言葉が見つかりませんでした。その上口下手なのでうまく伝わらなかったことでしょうけど、その実果てしなくモーレツに感動しておりました事を申し添えておきます。

 ただ一つ惜しむらくは、最後まで着席して聴いていた事。スタンディングで全身であのグルーヴに
ノリたかったなぁ。ずっとうずうずしてました。

それにしても江口さんのROCKなギターには痺れました!そこで、今後のLIVEで毎回1曲、江口さんのROCKアレンジで昌己さんがシャウトする、名付けて「江口のROCK魂」コーナーなんてえのはいかがでしょうか。そんで12曲貯まったらアルバム出してください!うん、それがいい。

実現した暁には、このアイデア出した私の名前をCDのクレジットに入れてくださいね。なんちって。以上!

投稿: てつどうまん | 2015.04.15 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53981/59627490

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 Paradise Cafe:

« 明日のPop Beat V3!!! | トップページ | 愛媛へ・・・ »