« せとうち彩旬館 やわたはまフェア | トップページ | 愛媛 帰って来ました! »

3.11 を迎えるにあたって

愛媛や八幡浜の味をそれぞれに
満喫していただき、大変嬉しく
思っております。ありがとうござい
ました。
また、いつでも「せとうち旬彩館」
行ってみてくださいねhappy01

さて、明後日、あの東日本大震災
から4年が経過する、ということで
色んな番組で特集や特番を
やっていますね。
改めて被災地のことや復興について
考えさせられる時間が増えている
方も多いんじゃないでしょうか。

今年の3.11 私は故郷の愛媛で
AM・FM・コミュニティFM 4局同時
生放送特番「~東日本大震災から
4年~ ラジオから考えよう その時
のために」という番組に出演させて
いただきます。

あの日、偶然か運命か・・・
盛岡に居た、という巡り合せ・・・
今でも何か不思議だと感じます。

だからこそ、私なりに話せること、
その時の、そしてそれから今に至る
思いをお伝え出来たらな、と思ってます。
当日は私以外は防災の専門家の
方々ばかりなので、私も番組の
中でたくさん学び、今後に生かしたい
と考えております。

個人で出来ることは小さくて無力さを
感じるばかりですが、自分なりの方法で
行動し、思い続け、そこから得たもので
知恵を働かせ、周りの人たちをもっと
慈しんで生きて行きたいと、そう思い
ます。
音楽を通して、何かを感じてもらっ
たり、一人でも少しでも笑顔になって
前向きな気持ちになってもらえる
ように活動して行きたい限りです。

想いを胸に、その時を迎える
     3・11


作品作りもぼちぼちやってます
からねwink

|

« せとうち彩旬館 やわたはまフェア | トップページ | 愛媛 帰って来ました! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分が出来ること。

3月11日の震災を忘れないでいること、、

それしかできませんが

この出来事を風化させずに…


saki@ヤンキー所長

投稿: saki@ヤンキー所長 | 2015.03.09 12:48

もう4年になるんですね
早いですね。
東日本大震災の映像を見るたびに自分が経験した阪神大震災の事を思い出します

引き続き曲作り頑張って下さいね
応援してます

投稿: 打田 | 2015.03.09 13:36

昌己さん、お疲れ様です。

明後日の11日で4年が過ぎると思うと、時間の過ぎるのがとても早い気がします。
当日は電車が動かず、翌日会社より音楽室DXのライブに行って自宅に帰宅。
ニュース映像には信じられない光景が目に焼き付いています。

この東日本大震災は一生忘れてはいけない出来事。
そして、この教訓を生かし少しでも役に立てることをと考える日々です。

また新曲の制作、早く出来上がり待っていますよ。

投稿: ヤマダ | 2015.03.09 15:10

簡単に4年が経ちとマスコミも私達も口にしがちですけれど、スポーツ視点で考えると長い期間ですよ。五輪、サッカーW杯は4年ごとの開催、この間ずっと仮設住宅で生活をしている方々がいることを思うと実にもどかしいなと。こうは言いながら日々の自分自身の日常生活に追われ震災含めた自然災害にあわれた人の事は忘れがちですし忘れてはならないと私達は言いながら果たしてそれは本当か?と自分自身は感じます。そんな中でたまたまですが私の住む自宅マンションが6月まで修繕工事となりベランダに洗濯物が干せないといった不便さが発生しています。工事が始まる前は何とも言えない不満~苛立ちがありそれが全て解消はしませんが、ふと思ったのは被災者の不満はこんなもんじゃないよな、もっと辛い日常生活を過ごしてるんだよなぁ~それを思ったら自分はたかだか3か月の工事でぶつぶつ不満を言って・・・と思ってしまいました。

投稿: 鬼神7010 | 2015.03.09 16:44

今年のゴールデンウィークは、東北に行ってみようと思っています。

某SNSを通じて友達ができました。

その方も被害に合われたそうですが、家族は皆元気なので、心配はないと・・・

元気な東北

楽しみにしています。

投稿: キムゴンⅡ | 2015.03.09 19:05

昌己さん、こんばんは!あれからもう4年ですね。当時僕は千葉県の銚子にいて昌己さんと同じく怖い思いをしました。出来ることを一人一人がやっていくことが一番なんでしょうね!今年は当時の大学のメンバー5人で集まって昌己クラブを復活させてライブに馳せ参じたいと思います。昌己さんのTシャツ着てカラオケやってた昌己クラブ、懐かしいです。

投稿: 1040 | 2015.03.09 21:35

3.11 昌己さん出演のラジオを聞いて自分でできる事をもう一度考えてみます・・・

投稿: shokofan-1963(ろくさん) | 2015.03.09 22:05

あの日のことは忘れようとしても、決して忘れることが出来ません。
もう一度、同じ日本人として、復興に向けての取り組みを考え、そして、もう二度とこんな悲しいことが起こらないように、皆が一つになるべきだと…考えます。

それでは。

投稿: ゆうじさん | 2015.03.09 22:07

今でも、あの日の出来事を思い出すたびに
当たり前の生活が有難い事と痛感します。
灯りのある生活、暖房を使える生活。一瞬で
生活が変わる怖さ。

忘れられない1日であり忘れてはいけない
1日。

今も避難所で暮らす人々、故郷に帰れない
人々、大切な人を亡くし今も傷付いている
人々。

自分自身の無力でやるせない気持ちを表現
出来ないもどかしさ。
ただ言えるのは、辛い事や悲しい事があって
も生きていたら笑える日が来る事を忘れちゃ
いけないのだ。
後世に語り継ぐ事も知れ大切なのかも知れない。

4年目を迎えるにあたり自分なりに考えて
東北の皆さんの力になれる事を行動したい
ですね。

これからも昌己ちゃんの曲が色々な人の気持ち
に寄り添う作品になればと願ってます。

投稿: まっち | 2015.03.09 22:47

私の肩書のひとつに「予備自衛官」というものがあります。普段は普通に社会生活をしていますが、いざという時に「現役」に復帰するという制度です。即応緊急救急救援だったかな?まあ、そう名目で被災地に派遣されました。あれからもう4年たつんですね。東北の皆さんは元気でしょうか?ところで、新曲づくりの進捗状況はどうですか?完成を楽しみにしています。

投稿: ひでき | 2015.03.09 23:49

あれから4年経ちますね~。いまだに当時の事が忘れられませんね。その思いが昌己さんのメッセージから伝わります。当時の江口さんのお話も記憶に残っていて、被災、そして東京までの道のりも奇跡的でどれだけのファンの皆さんも心配だったか?と思い起こされます。そして当たり前のようにかわらぬ歌声を届けてもらえるのも素敵な事であります。これからも忘れないでしょう。

投稿: けんちゃん | 2015.03.10 01:25

既に、かれこれ1時間以上、コメント内容を書いたり、消したり...。

被災者の方々の境遇を自分に当てはめて考えると、気の利いた言葉など思い付かないのです...。

皆さんのコメント全部が、「人々の思い」そのものではないかという気がします。

この度の昌己さんの活動に敬意を表します。
そしてこれまで通り、音楽を通じて人々を元気づけることをどうか続けて下さい。

投稿: skndu9761 | 2015.03.10 01:54

あの日あの時、週末金曜日の午後、翌日のマンスリーライブを楽しみにしながら仕事をしていました。
机の上のパソコンや書類がふっとび、立っていられないほどの激しい揺れに襲われながら、とんでもないことが起きたことを感じたのを思い出します。
でも、その後、小雨の降る寒い屋外へ避難している間にスマホで見た津波の映像は、もっと衝撃的でした。
復興も防災も大事です。
決して忘れることなく、ちゃんと向き合わなければいけませんよね。

投稿: とりで | 2015.03.11 07:10

震災の記憶を伝えていかないといけないですね、教訓として学んだことはしつかりやっておきたいですし、近所でのコミニケーションも必要ですね。ことはラジオ聴いています。アルバム作りもぼちぼちがんばってね。

投稿: 大崎 | 2015.03.11 14:06

あれから4年経つんですね~。ちょうど子供が産まれて1ヶ月後に震災があったので、子供の成長と共にあっという間に感じています。あたしは内陸部だったので、たいした被害はありませんでしたが、あの凄まじい地震は忘れられません。生きているだけでほんと感謝しないといけませんね。

投稿: ひろみ | 2015.03.11 20:52

昌己ちゃんが落着いてから、みんなに「コメ返し」していましたね。

メッセージ入りのDVDも大変だった想いが伝わります。

「ファナナ」以降から沢山の曲が作られてきましたね。

その、どれもが「昌己ちゃんならではの曲」

今度は、どんな曲で瞳と心を潤してくれるのかな~

投稿: キムゴンⅡ | 2015.03.12 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53981/59201301

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11 を迎えるにあたって:

« せとうち彩旬館 やわたはまフェア | トップページ | 愛媛 帰って来ました! »